Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連続飲酒

連続飲酒とは
・常に体に一定レベル以上のアルコールを維持するために、一定量の酒を数時間おきに飲み続ける状態。 この間、酒以外の食べ物はほとんど摂らない。
・その期間は、数日のこともあるが、数ヶ月続くこともある。
・最後はアルコールさえも入らなくなり、退薬症状とともに終わることが多い *1) 。

アルコール依存症とは、飲酒のコントロールを失う病いだとお話しましたが、コントロール喪失の極めつきが連続飲酒発作です。これは、夜昼問わず、 日本酒や焼酎、ウイスキー等を、 二~三杯飲んでは数時間眠り、目が覚めてはまた二~三杯飲んでまた眠るという、酔って朦朧とした陶酔の時間を続ける飲み方です *2) 。

飲み始まると仕事も家族も放り出し、締め切った部屋の中で枕元にお酒を置いて、飲んではウトウトして、起きてはまた飲んで、そのうち下痢や嘔吐が始まってもかまわず吐きながら飲み続ける。数日から数週間、中には数ヶ月もの間ひたすら飲み続け、やがて体力の限界に達し、何も口に入らなくなり飲み止めるのです。

連続飲酒の果てに体が酒を受け付けなくなるとしばらくは飲まない期間が生じ、体が回復するとまた連続飲酒が始まるといった、連続飲酒と断酒期間が交互に起こる状態を、山型飲酒サイクルと言います。「俺は飲まない期間があるからアルコール依存症じゃない。」患者さんの話を良く聞くと、実はこの山型飲酒サイクルの飲み方だったということがあります。

連続飲酒の後には、水や酒さえも体が受け付けないといったかなり苦しい状態になり、助けを求める気持ちになることが多いものです。今まで酒の問題から目をそらせてきた人には、病院での治療を開始するチャンスにもなります。


文献
1)松下幸生:アルコール依存症について,久里浜アルコール症センター 家族会用資料, 2006 .
2)鈴木健二:アルコール依存症と薬物依存,子供の飲酒があぶない アルコール・ドラッグに蝕まれる若者達, pp.148 ,東峰書房,東京, 1995 .


INDEX に戻る








Appendix

プロフィール

syousuke

Author:syousuke
回復途上のアル中、小原庄助です。
用語集、ボチボチと作っていきたいと思います。
専門家ではありませんので記事の内容に間違いも多々あるかと思います。お気づきの点はご連絡頂戴できれば幸いです。

メール:
throwaway001@sv533.xserver.jp


アル中、syousuke のブログ

アル中 -アルコール依存症との戦い-

写真日記
道草

特にテーマを決めず、思いつくまま感じたままに・・・
雑感日記

PC関係で、思いついたことや、新たに知ったことの備忘録
IT って難しいね

FC2カウンター

  

書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。