Entries

スポンサーサイト

スリップ

アルコール依存症者が依存症から立ち直り回復するために一切のアルコールを断ち、断酒生活をしているにもかかわらず、一杯の酒に口をつけてしまうこと。酒の量に関わらず、断酒生活中に再飲酒すると期間に個人差はあるが連続飲酒発作にまで至ると言われている。アルコール依存症は決して完治することのない死に至る進行性の病。アルコールを断つ事で回復し寛解するが、スリップ(再飲酒)する事で簡単に再発する。スリップとは発病...

フラッシュバック

フラッシュバックとは、たとえば過去に経験した出来事や過去に味わった体験を連想させる場面、そうしたものをイメージさせる物事に触れたとき、「あのとき」と同じ感情が、いま現在体験しているもののように甦ってきて、そのために、人によってさまざまな心身の反応を引き起こすことを云います。感情とは、怒りや不安感、惨めさや苦痛、焦りや孤独感などのことを云い、人によっては自律神経系を巻き込んだ身体反応(冷や汗をかいた...

神経症

神経症とは 神経症(最近では不安障害とも呼ばれます)はこころの障害のうちでも最も頻度の高いもので、一般的に人口の10%を超えるとも言われています。年齢的には、10代後半から40代までに発症するのが普通です。神経症は、以前ノイローゼと言われ、しばしば精神病と混同される誤解があるようですが、神経症は主に心理的原因によって生じる心身の機能障害の総称であり、精神病とは異なります。つまり、神経症は器質的な病気による...

寛解(緩解)

かんかい【緩解/寛解】病気の症状が軽減またはほぼ消失し、臨床的にコントロールされた状態。治癒とは異なる。白血病バセドー病精神分裂病などの病気のときに用いる。  -大辞林より引用-アルコール依存症の場合、進行性で死に至る完治しない病気とされており、断酒しない限り確実に死に至る。しかし、断酒を続けることで飲酒に対するコントロールは戻らないが、そのほかは健常者に近い状態まで回復することが出来る。この状態...

飲酒欲求

文字通り飲酒したくなる気持ちのことをいいます。ただこの欲求は、アルコール依存症でない人の飲酒欲求とは大きく異なり、病的に強いものです。なかなかアルコールをやめられないのは意思が弱いからではなく、飲酒欲求が病的に強いことが原因のひとつです。アルコール自体に依存性という性質があり、人が飲まずにはいられなくさせてしまうはたらきを持っています。 そのため、お酒なしでは普通の生活を送ることが難しくなってしま...

断酒会

断酒会活動の基本は「例会」と呼ばれるミーティングで、酒害者(お酒を止めたい人、止め続けたい人、止めさせたい人)が自分の酒害体験を発表することで過去を振り返り、酒害を再確認する事で酒を断つ決意をしたり、そのモチベーションを保つ事にある。また、聞く人も同様に自分を鏡に映し出すように過去を振り返ることが出来るのである。この例会は、大小の差はあるが20名くらいで約2時間、依存症本人ではない家族も参加する事が...

離脱症状(禁断症状)

アルコール依存症の症状の中でもっとも病気らしい症状がこれで、代表的なものに手の震えがあります。これも手指の震顫から体全体の震えまで千差万別。体内のアルコールが切れてくると発症します。大量の冷や汗、激しい下痢、激しい動悸、激しい皮膚の掻痒感、こむら返り、不眠、悪夢、などが代表的なものでとても苦しいです。日常的に大量の飲酒を続けることで体内の血中アルコール濃度がゼロにならず、脳はそれが正常と判断してし...

連続飲酒

連続飲酒とは・常に体に一定レベル以上のアルコールを維持するために、一定量の酒を数時間おきに飲み続ける状態。 この間、酒以外の食べ物はほとんど摂らない。・その期間は、数日のこともあるが、数ヶ月続くこともある。・最後はアルコールさえも入らなくなり、退薬症状とともに終わることが多い *1) 。 アルコール依存症とは、飲酒のコントロールを失う病いだとお話しましたが、コントロール喪失の極めつきが連続飲酒発作です。...

ドライドランク

「空酔い」と訳されているが、ドライドランクと使用されることが多い。アルコール依存症者が飲まないでいるときに、苛立ち、絶望感、攻撃性などの徴候が認められ感情のコントロールが出来ない。それが酩酊時の徴候とよく似ていることから名付けられたもの。単なる苛々などの不安定な感情の状態だけの事もあれば、飲んでいないのに吐く息までを酒臭く感じたり、二日酔いの気分の悪さを味わったり、手に震えが起きたり、症状は多岐に...

コントロール障害

3つのコントロ一ル障害「アルコール(飲酒)のコントロール障害」アルコール依存症は、アルコールを上手に摂取することができなくなる痛気です。肝障害や糖尿病などの身体合併症を引き起こしても、お酒をやめることができません。そして、飲む量だけでなく、飲む時間や飲み方など飲酒に関するすべてにおいて、意志のカが及ばなくなる状態をアルコールのコントロール障書と言います。「感情・思考のコントロール障害」アルコール依存...

アルコール依存症とは

「進行性で死に至る病です」:上の図のように、徐々に飲み方が変化する中で、身体的・精神的健康を失い、さらに人間関係や社会的信頼を壊していき、ついには死に至ります。「体質の病気です」:飲み続ける中で、体質が変化し、体がアルコールを必要とするようになります。「飲酒のコントロールを失う病気です」:一口飲むと、とことん飲んでしまい、お酒を控えたり、ほどほどに飲むことができません。「回復する病気です」:慢性の...

目次

アディクション(嗜癖・しへき)アビューザーアルコール依存症とはイネイブラー飲酒欲求寛解(かんかい)共依存久里浜アルコ-ル症センタ-クロスアディクション抗酒剤コントロール障害神経症スリップ専門医断酒会ドライドランクハイヤーパワー否認の病ハルト(HALT)フラッシュバックブラックアウト報酬効果マロリー・ワイス症候群メンヘラ山型飲酒離脱症状(禁断症状)連続飲酒AA(Alcoholics Anonymous)AC(Adult Chil...

Appendix

プロフィール

syousuke

Author:syousuke
回復途上のアル中、小原庄助です。
用語集、ボチボチと作っていきたいと思います。
専門家ではありませんので記事の内容に間違いも多々あるかと思います。お気づきの点はご連絡頂戴できれば幸いです。

メール:
throwaway001@sv533.xserver.jp


アル中、syousuke のブログ

アル中 -アルコール依存症との戦い-

写真日記
道草

特にテーマを決めず、思いつくまま感じたままに・・・
雑感日記

PC関係で、思いついたことや、新たに知ったことの備忘録
IT って難しいね

FC2カウンター

  

書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。